アダルトVR

【85.8点】剛毛な幼馴染と台本通りのエッチの練習【VR】

【VR】声優を目指す幼馴染にエロアニメの仕事が届いたそうで… 実際に僕のチ○ポを使ってセックスの吹き替えシーンの練習をしました 百瀬あすか 初VR

百瀬あすかちゃんのVR作品を見たのでレビューします。

各チャプターの解説です。

最後に評価もしています。(主観です。)

チャプター1

幼馴染の百瀬あすかちゃんは声優をしていて、今度の台本が届いたようです。

『ねぇ、協力してくれる?わたし経験ないからさ、こんなの幼馴染のあなたにしかたのめないよ』

『台本に書いてあることよくわからないし』

漫画にありそうな展開ですね。

協力することになります。

『いまからやることは全部演技だからね、変な感じになってもそれは全部うそだからね』と念をおされます。

さっきまで台本に書いてあることが良く分からないと言っていた気がします。

これは知ってますねぇ。

練習開始です。

『オナニーしまくりなんでしょ、こうやってシコシコ、コキコキ』と台本通りに男のチンポをしこり始めます。

『ジッパーを下げてチンポをとり、だす?

とりだされます。

『お仕置きが必要ね、(あくまでもこれ練習だからね)』と言いしごきはじめます。

『指導だって言ってるのに、じぶんだけ気持ちよくなって、ホント童貞はかってだよね』

酷い

チャプター2

『後輩は、目の前で、おまん、こ、をみせつけ、おな、にーをする?』

台本にある通りオナニーを始めます。

おお、思った以上に剛毛

『後輩はおしりの穴をじっくり見せてオナニーをする』と言って後ろを向いてオナニーかいし。

パイパンもいいですが、剛毛もいいですね

隆起した乳首を露出させる・・・』

素直ですね

色白で隆起した乳首を見ると、あらいいですねの波が止まりません。

『先輩のチンポよりビンビンに固くなっちゃった、ほらさわってみなさいよ

『ねぇ、そんなこと書いてないんだけど』と男は激しく揉みます。

『はぁ、はぁ、なんでこんなことするのぉ』と気持ちよさそうになります。

『これ練習でしょ!なんの練習してんのよぉ』とうっとりした顔で言われます。

気持ちいいと言っているようなものです。

『あたたかいアソコの中に指、いれたくない?

『ごめんなさい、イっちゃった、先輩上手だね』とイってしまいます。

『じゃあ、本格的に性欲コントロール指導はじめるわよ』

金玉ザーメンタンクからっぽにしてあげるね』

久々にこういう表現をききました。

いいものですね勃起しました。

『出したらダメだって、台本に書いてないじゃん!』フェラでフィニッシュしたようです。

『わたしがしたくてアンタとするんじゃないからね、あくまで台本だから、、、入れてもいい?』

チャプター3

『いい?』

『ゆっくり、ゆっくり入れて』

先輩専用オナホになるとこ見逃さないで』

清々しいほどの淫語です

チンポが気持ちよさそうな顔していますね

『だいすき、すき、だいすきぃ』と言われながらフィニッシュ。

『ちゃんとできたかな?全部声優になるためのお芝居だよ、でも、、、最後のだいすきだけは違うかも

ドキィとしました

『台本はもうおわりなんだけど、つづきする?』

大胆です

陰毛で顔がよくみえません

『挿入するね』と騎乗位で挿入

そして騎乗位でフィニッシュ。

『あなたのおちんちんの大きさになっちゃった、こんな広がってなかったのにぃ』

続いて正常位です

『やばい、それすきぃ』とチンポのとりこになっています。

もエロい

正常位でフィニッシュします。

『これからよろしくおねがいします』とハッピーエンド

評価

抜ける値:85.8点

台本で淫語を言ったりと難しそうですけど百瀬あすかちゃんはしっかりとこなしていて、いいパフォーマンスでした。

レビューも「史上最高」「神」「100点」などなどもりあがっています。

この動画はFanzaから購入できます。よろしければどうぞ。

【VR】声優を目指す幼馴染にエロアニメの仕事が届いたそうで… 実際に僕のチ○ポを使ってセックスの吹き替えシーンの練習をしました 百瀬あすか 初VR

 

この作品が好きな人はこちらもおすすめです。

イチャイチャしてます。

https://nukeruav.me/%e3%80%90vr%e3%80%91%e5%a4%a9%e9%9f%b3%e3%81%be%e3%81%b2%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%ae%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e5%8a%9b%e3%81%a7%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%ae/

お問い合わせ